Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展 2

Report
05 /25 2019
またまた行ってきました『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』。今日で2回目、ロンドンを入れて3回目です。

さて、今回のお目当ては、

はずれなし!ミック完全復活!スペシャルくじ!!

しかし結果は、

stones190525_10.jpg

見事ハズレました(笑) 令和シールはまだ貰えました。
今日は前回に比べ、客入りは少し多かったです。

ミキシングのコーナーを1時間楽しんだ後は、お気に入りのニュージーランド・ツアーのポスターをパチリ。

stones190525_01.jpg

『Some Girls』のポスターも良いですね。

stones190525_02.jpg

こちらの商品に復刻版ポスターがついているようです。



悪魔の衣装を見ていると、突然衣装が揺れ始めました。新たな演出?いや地震でした。

stones190525_03.jpg

有賀さんのコーナーは全て入れ替わっていました。今回は2014年のツアーがメイン。相変わらずかっこいい!

stones190525_04.jpg

stones190525_05.jpg

stones190525_06.jpg

stones190525_07.jpg

stones190525_08.jpg

stones190525_09.jpg

Rolling Stonesのツアーは6月21日シカゴより開始。さきほどTicketmasterのサイトを覗いたら、

初日の最前ブロックが$1,599!

更に手数料はどれだけかかるのでしょうか?
大人しくこちらのBlu-rayでも予約しましょう(笑)

スポンサーサイト

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展

Report
05 /11 2019
『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』に行ってきました。
3年前にロンドンで行きました。しかし、そちらに比べるとこじんまりした感じでしたが、東京ではなんと、

写真撮影が可能

なのです!

好評につき(?)開催期間が延長されたのですが、結構空いていました。
入場するとこちらがお出迎え。

stones190511_01.jpg

スクリーンは貸し切り状態!

stones190511_02.jpg

Keithのこのギター、Steel Wheels Tourの頃使ってましたね。

stones190511_03.jpg

Ronnieのゼマイティスもパチリ。

stones190511_04.jpg

曲をミックスできるコーナーも空いており、1時間以上いました。オススメは『Undercover Of The Night』のアコースティック・バージョン(笑)

stones190511_05.jpg

立体のベロ。模様が変わります。

stones190511_06.jpg

歴代ツアーのポスター。真ん中のニュージランドのやつが可愛い。

stones190511_07.jpg

ステージセットの模型。この頃はかなり凝っていますね。故Mark Fisherによるものです。この人のステージデザインは本当に素晴らしいです。

stones190511_08.jpg

初来日したSteel Wheels Tourのヨーロッパ・ツアー。こちらはステージ・セットが違ったのです。これは生で見たかった!

stones190511_09.jpg

衣装コーナーではMickの悪魔の衣装を集めたコーナーがありました。

stones190511_10.jpg

Keithの豹柄のコートもありました。

stones190511_11.jpg

そしていよいよバックステージ。

stones190511_12.jpg

stones190511_13.jpg

『Satisfaction』の3D映像の後は、まだ続きます。Ronnieによるリハのセトリ。

stones190511_14.jpg

ここで終わりですが、カフェのコーナーには有賀幹夫氏が撮った日本公演の写真が展示してありました。かっこいい! 個人的にはこれがハイライトだったかも(笑)

stones190511_15.jpg

stones190511_16.jpg

stones190511_17.jpg

stones190511_18.jpg

そして入口にあったジャガー。Jagger違い(笑)

stones190511_19.jpg

いろいろ貰ってきました。

stones190511_20.jpg

約3時間、盛りだくさんの内容でした。
6月5日まで開催しているようですので、まだ見てない方は、是非足を運んではいかがでしょうか?

今夜は久々にStonesを見よう! 最近いろいろリリースされていますね。









最後に一言。

是非、Pink Floyd展もお願いします。

Mariah Carey@WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL 2018

Report
10 /14 2018
最初に断っておきますが、「WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL 2018」とは音楽フェスではありません。このイベントにMariah Careyがスペシャル・ゲストとして参加し、1時間のライブを行うということで参戦。

開場前から長蛇の列。入場してタイムテーブルを確認すると、Mariahの出演は19時と、出演まで5時間以上も時間がありました。
せっかくなのでゲストスピーカーの話を聞くと、いろいろ考えさせられるものがありました。その話はここでは割愛します。

Mariah開始まで寝ている婆や、真面目にゲストスピーカーの話を聞いている人など様々。
18時半になると休憩に入り、Mariahの出演を待ちます。ステージ・セットは昨日のSam Smithのセットがそのまま使われているようでした。

定刻を約10分過ぎて、Mariahの登場! 実に18年振りに見ました。ブランクがあったにも関わらず序盤から『Honey』、『Make It Happen』のヒット曲を連発!

Tom Tom Clubの『Genius Of Love』をサンプリングした『Fantasy』、私がMariahを好きになったきっかけの曲『Always Be My Baby』など、当時お気に入りの曲も連発!

デビュー曲の『Vision Of Love』、そして本編ラストは『Hero』という、ベスト選曲でした。
更に、アンコールでは日本では欠かすことができない『All I Want For Christmas Is You』が登場! 衣装チェンジも2回、1時間を超える豪華な内容でした。

Setlist - Saitama Super Arena 2018/10/13

It's Like That
Honey
Make It Happen
Fantasy
Always Be My Baby
Vision Of Love
Emotions
I'll Be There
My All
We Belong Together
Touch My Body
Hero

encore
All I Want For Christmas Is You

Mariahはこの後、クアラルンプールよりアジア・ツアーをスタート。そして今月末には再び日本に戻って来ます。
このイベントのために日本に先に来るとは! しかも無料ライブ。どんだけ金を持ってる企業なんでしょうか?

Jason Mraz@hotel koé tokyo

Report
07 /04 2018
Jason Mrazがニュー・アルバム『Know.』のプロモーションのために来日。



そして、hotel koé tokyoで行われるライブ&トーク・イベントが急遽発表されました。前日に優先エリアへの整理券を入手し参戦することに。

会場内のBGMはJason Mraz一色! カフェスペースで時間を潰すこと1時間、優先エリアへの待機列に並びます。CDを予約し、リストバンドとコーヒーサービス抽選券を入手し、19時に入場。ステージ左にある階段席に案内されました。隣が通路だったので、あわよくばJasonと握手できるのでは?という期待をしつつ開演を待ちます。

そして20時にMCのサッシャさんが登場。若干遅れてJasonが2階より登場し、トークコーナーからスタート。
まずはJasonがゴーヤ好きであることが発覚! コーヒーショップでデビューしたエピソードや、コーヒーショップのバリスタをナンパして結婚に至ったこと、更には新曲『Have It All』『Unlonely』などについて語ってくれました。

その間のBGMが『Have It All』の繰り返しだったので、今日は『Have It All』のロング・バージョンかい?といったジョークも飛ばしていました。

「コーヒーを飲みながら聴きたい曲5選」の後は、本日バリスタを務める日本人ゲストが登場。サッシャさんが翻訳を続ける中、Jasonとバリスタは進行を無視してコーヒーのことを語っており、コーヒーに対する情熱を感じました(笑)

そしていよいよアコースティック・ライブ!
Jasonがアコギを持つとマイク・スタンドがセットされ、アコギ1本でパフォーマンスするJason。まずはいきなり『I'm Yours』からスタート! 場内からは手拍子が沸き起こります。
続いて『93 Million Miles』と嬉しい選曲。手拍子を止め、聴き入るオーディエンス。私の一番大好きな曲でもあります。

意外にも一番オーディエンスの反応が良かったのは『I Won't Give Up』。新しいファンが多いのでしょうか?
続いて前作『Yes!』より『Love Someone』、最後は新曲の『Have It All』で締めくくります。
伸びのあるヴォーカル、そしてステージが近いので迫力がありました。

そしてステージを降りた後、Jasonに握手を求めると「Thank you!」と言って握手に応じてくれました。トークのときからずっと人の良さを感じました。

Setlist

I'm Yours
93 Million Miles
I Won't Give Up
Love Someone
Have It All

イベントの締めくくりはJasonが自らコーヒーを淹れてくれるという、コーヒー好きのJasonならではのコーナー。惜しくも抽選に外れましたが、ツーショットを撮ったり、サインに応じたり、当選者にとっては夢のような一時だったことでしょう。

オーディエンスの1人が「次はいつ日本に来るの?」と尋ねると、「多分、来年かな」と返すJason。
もう、来月のアルバム発売も、来年の来日公演も待ちきれないですね! 1時間のイベントのはずが、100分近くありました。Jasonのような大物がこんなインストアイベントをやってくれるとは! まさに夢のようなイベントでした。

jasonmraz20180703.jpg

DAVID BOWIE is

Report
03 /20 2017
David Bowieの大回顧展『DAVID BOWIE is』が日本上陸。1月からスタートしたのですが、やっと行くことが出来ました。

会場は天王洲にある寺田倉庫G1ビル。最寄駅は天王洲アイルですが、品川駅からも歩けます(笑)



会場に到着するとエレベーターで5階まで案内され、入口でヘッドフォンを渡され入場します。各セクションに移動すると、個々のヘッドフォンより自動的に音声が流れるという画期的なシステムだ! これなら1人でも十分に楽しめます。

『Space Oddity』、『Starman』、『Life On Mars』などの名曲と共に、彼の軌跡を辿っていきます。
衣装や彼が使ったアイテムなど、様々なものが展示されていましたが、中にはコカインのスプーンなんかもありました。

PVのコーナーでは5つのモニターが用意され、膨大な数のPVが映し出されて行きます。初めて好きになった曲『Ashes To Ashes』では思わず立ち止まってしまいました。

映画のワンシーンが見れるコーナーとは別に、坂本龍一と北野武が映画『戦場のメリークリスマス』を語るコーナーもありました。ここは日本人向け?

最後はライブのコーナー。ステージ衣装やReality Tourで使っていたギターなどが展示される中、『The Jean Genie』などのライブ映像が360°に渡って映し出されました。

2時間以上かかりましたが、音楽だけでなく、ファッション、アート、映画などなど、彼がいかに偉大なアーティストであったのかを改めて知ることができる内容でした。



1階に降りると、カフェと物販コーナーがありました。タペストリーが数枚と、各国で使われたポスターなどが展示されていました。













そしてお土産に『No Plan EP』を購入。実はBowieのCDはあまり持ってない(笑)



Pri Chan

ライブ、旅行が大好きです。
ブログの他にホームページも運営しています。
音楽は洋楽を中心に聴きますが、今一番好きなアーティストはMuseです。